【首の痛み.com】〜漢方薬〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
kubiitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは首の痛みの解消法について、漢方薬をご紹介しています。

漢方はその人の年齢や体調、その時に感じている自覚症状などによって様々な処方がなされます。首の痛みというカテゴリーだけで処方するわけではありません。従って現在自分が感じている自覚症状を医師に相談した上で、自分に適した漢方薬を服用するようにしてください。

ここでは一般的によく利用される漢方をいくつかご紹介していきましょう。

@葛根湯(かっこんとう)
「風邪を引いたら葛根湯」でおなじみの有名な漢方薬です。発汗性があり、同時に首の痛みや肩こりなどの鎮痛作用もあります。

A当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
冷え性が多い女性のための代表的な漢方薬です。体を温める効果が高く、血行の改善に役立ちます。生理などの女性特有のトラブルにもよく利用されています。

B加味逍遥散(かみしょうようさん)
当帰芍薬散と成分がよく似ていて、同じく血行改善や生理トラブルでもよく利用されています。

C顧痛(こつう)
葛根湯に独活(どっかつ)と地黄(じおう)を足したもので、五十肩(四十肩)に効果があり、首の痛みや肩こりの症状がひどい場合に適しています。

ここでご紹介している漢方薬はごく一部に過ぎず、実際に処方される漢方薬は数十種類になるほど多種多様です。その中で現在の自分に適しているものを選出してもらうようにしましょう。


⇒ 治療について

⇒ 効果的なツボ


sponsored link



copyright©2013  【首の痛み.com】〜左右の首痛・原因・病気〜  All Rights Reserved